プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター


現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/11/20 (Mon) 天使の啼く夜

21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。目的を知らされず面白くない伊佐に、顔のよい男なら誰でもいいと田宮はそっけない。苛立つ伊佐は田宮を組み敷き身体を繋ぐ。やがて田宮の悲壮な決意を知り、伊佐は次第に田宮に惹かれていくが…。

タイトル:天使の啼く夜
発売日:2006年09月15日
著者:高岡 ミズミ
イラスト:奈良 千春
出版:幻冬舎コミックス
ISBNコード:4-344-80840-1
判型/総ページ数:文庫 / 223ページ
定価:540円(税込)

天使の啼く夜 天使の啼く夜
高岡 ミズミ (2006/09/15)
幻冬舎コミックス

この商品の詳細を見る

天使の啼く夜
天使の啼く夜
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.25
高岡 ミズミ著
幻冬舎コミックス (2006.9)
通常24時間以内に発送します。



【好き度】★★★★☆

正直、この一冊購入の目当ては来月出版予定のCD。自分が大好きなゆっちーの出演作だから、原作にも趣味が出てきたという。
いや、別に高岡先生を嫌いのわけではない、むしろ好きなんだ。まだ中国にいるときも「いつかじゃない明日のために」が大好きで日本で購入、えーとー、税関で没収されT T、もう一度購入…友達に頼んで、中国へ持ってきたんだ。そういうわけで、自分がやっぱ高岡先生のファンだ。

あっ、さっさと正題に入りましょう。
復讐というよりも、自分がこのストーリーは成長物語と言ったほうがいいと思うよ。ヒモである最低な伊佐は立派な男になる物語だなぁ。それは全部田宮から教えてくれたとも言える。
最初は凶暴であの人を犯した。奇妙な身体の関係を持ちつつ、日々を過ごした。まあ、欲って、本当に愛になれるかなぁ。伊佐が田宮に惹かれた理由はなんとなくわかったのけれど、田宮の心は謎!田宮はいつ頃から伊佐に心を動かされていたんでしょうね?けどよ、ごめんなさい!!なんとなくこのストーリーが好きなんだ。
「大丈夫だって。田宮さんも言ってたじゃん。俺は天涯孤独で、なにかあっても悲しむ人間なんていないって」
「私が悲しむ。」
( ´△`)アァ-、伊佐の気持ちなんとなく分かってるよ。自分のために泣いてくれた人があるならば、あの人のために生きれるのだ。
私って、そのような展開に弱い。
もちろん、このストーリーは別に突っ込みたいところもあるのよ。
あのヤクザ達って、本当に弱い!最初はすげー奴らと思ったのにさ。そして、伊佐がどうやっていきなり仕事が始まるのもわからないよ。傷が治った後どうして急に一人になったの?それはちょっと唐突…そして、田宮って、結構泣いてるじゃないか?!男のくせに…そして、復讐って、最後はどうなったの?シリーズの第一弾だもんって、それは理由になれるの?また、ヤクザを相手になんと軽率の行動を取っちゃったのよ!田宮も!もし義兄の桐嶋が来てくれなかったら、もう死んだでしょう。この世には、愛と欲情のほか、やっぱ別にいろんなモノもあるだよね。

まあ、突っ込みたいと言っても、やっぱ好きなんだ。なんと矛盾な発想かなぁ、私って…

スポンサーサイト

作者別♪高岡ミズミ | trackback(0) | comment(0) |


<<歓楽の都-手折られた青い百合 | TOP | いつかじゃない明日のために>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url

| TOP |

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

BL Novels

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。